ちょっとアレな記事


注目記事


1: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:16:46.80
GI馬8頭が揃った豪華決戦だっただけに、ゴール前で競り合う“肉弾戦”をイメージしたファンも多かったはずだが、結果はレース史上最大の6馬身差の楽勝だった。
昨年の有馬記念を5馬身差で圧勝したリスグラシューをほうふつとさせるパフォーマンスが意味するものとは何か? 
2頭の牝馬の共通点をなぞりながらクロノジェネシスの可能性を探っていく。
なお、1番人気のサートゥルナーリアは勝ち馬に12馬身3/4差の4着に完敗した。

 レースの30分前に降ったゲリラ豪雨。
これが勝利のアシストになったのは間違いないだろう。
だが、本当にそれだけが勝因なのか? 
楽々と突き抜けたクロノジェネシスが2着キセキにつけた着差は1994年ビワハヤヒデの5馬身、2006年ディープインパクトの4馬身を上回る6馬身。
これは宝塚記念史上最大の着差だった。異常なまでの強さ。
4角先頭の横綱相撲を見せつけられ、検量室に戻った武豊は角居調教師に「バケモノがいた」と脱帽。
レース後、担当の和田助手も「俺もびっくりした」と驚いたほどで、関係者の予想をもはるかに超えるレース内容だった。
しかし、同馬が単なる道悪巧者ではないことは、上がり32秒台をマークして勝ち切った過去の成績が示している。
それでは、この驚がくの勝ちっぷりの理由はどこにあるのか?

2: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:17:20.66
牝馬は早熟で牡馬は成長力に富む――。
この世界で長く語り継がれてきた常識が、ここ数年で一気に変わってきている。
例えば、昨年の宝塚記念覇者であり、年度代表馬に選出されたリスグラシュー。
彼女は2歳夏にデビューした430キロ台の小柄な馬で、早熟で競馬センスの高さこそがセールスポイント。
少なくとも、本格化を果たした一昨年の秋まではそのようなイメージで語られていた馬だった。
そして、今回のクロノジェネシスもまた2歳夏にデビューし、当時の馬体重は440キロ。
堅実な末脚はセールスポイントだが、タイトルを取るほどの破壊力はない――それが3歳春までのイメージだったはずだ。
だが、リスグラシューが馬体のボリュームアップと比例して成長していったように、クロノジェネシスも昨年の同時期とは比較にならないほどに成長。
前走比で10キロ増だった今回の464キロはキャリア最高体重だった。3歳のオークス時(3着=432キロ)に比べると実に30キロ以上の増量に成功。
成長は1年早いが、まるでリスグラシューの軌跡をなぞるような成長過程ではないか。

3: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:18:00.28
「10キロ増の馬体重が示すように以前よりもパワーアップしています。
それも太めではなく、しっかりと仕上がってのものですから。(勝負どころでは)こちらがゴーサインを出したのではなく、馬が強過ぎて自然と上がって行った形。
ずっと乗っている馬ですし、この手応えなら絶対に伸びてくれると思っていました」と主戦の北村友が真っ先に挙げた勝因も2桁の体重増=同馬の成長力だった。
もちろん、見守った斉藤崇調教師もそれは同じで「この相手にこれだけのパフォーマンスをしてくれるとは思いませんでしたが、成長が体重増に表れているのは確かです。
強い馬たちを相手に結果を出してくれたことで選択肢は広がりましたし、どこへ行っても活躍してくれると思う」。

 次走について明言こそしなかったが、この春歩んだのと同じように、秋も王道路線を進むことになるだろう。
アーモンドアイを筆頭とした未対戦の強敵との対戦が早くも楽しみだが、馬場不問というファクターも加えれば、安定感では現役ナンバーワン。それこそリスグラシューのような活躍を期待したい。

4: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:18:38.70
それにしても…。今年上半期に行われた牡牝混合の平地芝古馬GIは牝馬の5戦4勝(今春の古馬混合平地芝GIは高松宮記念=モズスーパーフレア、大阪杯=ラッキーライラック、安田記念=グランアレグリア、宝塚記念=クロノジェネシスと牝馬が4勝。牡馬は天皇賞・春=フィエールマンの1勝に終わった)。
宝塚記念は近5年で3頭が牝馬の勝利だ。
前から言われていることではあるが、なんとも牝馬が強い時代になったものだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b3268f381f0e00d532a3a5991c5b1b138073af25

5: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:19:54.81
クロノジェネシスの馬主であるサンデーレーシングの吉田俊介代表も圧巻の勝利劇に驚いたという。

「あまりに強くてびっくりしました。道悪も苦にしない馬ですし、外枠から大阪杯(2着)と同様、終始スムーズな競馬ができましたね。調子も良かったようですが、それにしても強かった。まだ斉藤(崇)調教師とは話ができていないので今後は未定ですが、海外のレースも含めて考えていきたい」と喜びを語った。

 同代表によれば、クロノジェネシスの母クロノロジストは今年3月15日にモーリスとの間にできた牝馬を出産し、その後はレイデオロの子を受胎したとのこと。下の世代への注目もがぜん集まる。

6: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:20:55.14
宝物

7: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:20:55.08
宝塚Vクロノジェネシス一夜明け「けろっとしてる」

前日午後7時過ぎに帰厩。和田助手は「食欲もあるしけろっとしている。普段のレース後と変わらないです」と話した。
レースはバスの中で観戦した和田助手は「4角の手応えが違った。もしかしたら勝つかなと思ったら…(6馬身差に)びっくりしました。今後が楽しみですね」と愛馬をねぎらった。近日中に放牧に出される見通し。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8de90ae357c73e335cf9ec6a4ddf998c19e702fb

8: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:22:00.89
がんばれ俺の宝物

9: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:22:34.20
アーモンドさんの存在感がどんどん薄れていく

10: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:22:46.92
宝物

11: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:23:21.79
良馬場でも結果は「覆らない」 4着サートゥルは弱点露呈【宝塚記念回顧】

クロノジェネシスは、外目の枠もあってかここ2戦のようなポジションを取れなかったが、中団の外目を余裕の手応えで追走。
3コーナー過ぎからは馬なりのままジワッと進出し、直線を向いて追い出されると後続との差をグングン開いての独走だった。
道悪巧者が直前の雨を味方に付けたことを割り引いたとしても、自分の競馬でこれだけの強さを見せたのであれば、完全本格化と言えるだろう。
2着に付けた6馬身差は、たとえ良馬場だったとしても覆らなかったはずだ。

 2着キセキは、出遅れて後方からとなったものの、出たなりでの折り合い重視はおそらく当初からのプラン通りだったか。
これまた3コーナーから勝ち馬と併せるようにマクって行き、直線でもしっかりと脚を伸ばして現状での力は出し切ったと言えるが、はるか前方に強い馬が1頭いたということだ。

 3着モズベッロは、道中は勝ち馬を前に見るポジションで運び、その仕掛けに付いて行くことこそできなかったが、直線でも渋太く脚を伸ばしたもの。
馬場も味方に付けたとはいえ、2200mは距離不足とも思える馬だけに、地力強化をアピールする走りだったか。

 4着サートゥルナーリアは、緩い馬場で行き脚が付かず、枠なりに中団のインを回る形。
3コーナーからようやく馬場のいい外目に持ち出されて、懸命に前を追ったものの、最後は長くいい脚を使えないウィークポイントも露呈して馬券圏内を確保できなかった。
仕上げに抜かりはなく、当日の落ち着きもあっただけに、今日のような馬場が合わなかったにせよ、物足りないレースぶりであった。

 ラッキーライラックは、自分のポジションで競馬ができ、勝ち馬の進出に抵抗して動いて行ったが、直線を向いたところではもう手応えがなかった。
道中でも鞍上に気合を付けられるシーンがあったあたり、道悪はダメな馬だろう。
グローリーヴェイズは、プラス14キロの数字ほど馬体は太く見せなかったが、これまた馬場が合わなかったにしろ、ここまで負ける馬ではなく、他にも敗因がありそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e6fefc4add1fb733138f67c8a3988c9d20b3dd22

13: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:24:32.26
クロノジェネシスの調教師が獣医でノーザンファームの元職員てチートすぎるな
もう競馬は科学の時代だ

14: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:25:17.58
圧勝クロノジェネシス、今秋は海外も視野

クロノジェネシスの今秋は、海外遠征も選択肢に入れてローテーションが検討される。

サンデーレーシングの吉田俊介代表(ノーザンファーム副代表)は「強くてビックリした。調子も良かったと思うけど、それにしても驚いた」と目を丸くした。牡馬相手の圧勝で夢はふくらむ。今後については「海外も含めて未定」。
感染症の影響による遠征の可否を見ながらプランを練っていく。
G1馬ノームコアも生んだ母クロノロジストは、3月15日にモーリス産駒の牝馬を出産。現在はレイデオロの子を受胎している。

19: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:36:01.05
>>14
牡馬に勝たせるために海外に送るつもりか?
卑怯なことすんなよ
クロノジェネシスにはアーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトをぶっ潰す仕事があるだろうが

15: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:28:07.21
この馬は、2歳時のオープン特別・アイビーS(東京・芝1800m)の際に、すでに大物の片鱗を見せていた。
牡馬相手に同レースを快勝しているが、その時に上がり32秒5という、とんでもない時計を叩き出しているのだ。

「古馬でも滅多に出ないような速い上がりを、2歳の、それも牝馬がマークした。これには、驚きました。あの時から、かなり多くの関係者が『この馬は、いつかGIを勝つ馬だ』と見ていました」

 そう語るのは、関西の競馬専門紙記者。実際、クロノジェネシスはその期待どおり、着実に力をつけていき、昨秋のGI秋華賞(京都・芝2000m)で戴冠。以降もグングンと力をつけ、ここに来て"本物"になってきた。

17: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:29:50.19
>>15
こういうのが散々サートゥル持ち上げてたんだろうにw

16: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:28:25.52
宝物記念

18: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:33:23.49
ラララとサートゥルは自力は見せたなって印象。
ダメな部分も同時にわかった。

クロノジェネシスは適正面で今回1番マイナスが少なかった。能力的にも高い馬が馬場を気にしないで走れるんだからこの着差にも納得
キセキは毎度買い方に注文つけられるような買い時がわからない馬。
ただ上位に来てる馬は道悪を苦にしないタイプだった。

20: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:38:43.35
常に外回ってた馬が有利な状況だったんだから、これでクロノジェネシスを評価してる奴は大バカだろwww

21: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:39:41.17
ここでもモーリスの不運が

22: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:40:56.87
今年初戦のGII京都記念(京都・芝2200m)では、牡馬相手に2馬身半差の完勝。続くGI大阪杯(阪神・芝2000m)でも、インから伸びたラッキーライラックの急襲に屈しただけで、僅差の2着とその実力を存分に披露した。

 迎えた宝塚記念。際立っていたのは、馬体の充実ぶりだ。

 馬体重は前走から10kg増。昨春の3歳クラシックを戦っていた頃から比べると、およそ30kg増となる。しかしその馬体からは、太めな印象など一切感じられず、競走馬としての成長と充実が示されているようだった。

 主戦の北村友一騎手もレース後、「馬体重はプラス10kgで、馬体がすごくパワフルになっていました」と証言している。

 たしかに、馬場の渋化は好材料となった。加えて、3コーナー手前でキセキが押し上げてきた際、少しも慌てることなく、そのキセキに馬体を合わせるようにして、クロノジェネシスを導いた北村騎手の冷静な騎乗も称えられるべきだろう。

 だが、クロノジェネシスの勝利は、今に至る"成長と充実"こそ、第一の要因に挙げられるべきではないか。

 次の目標は、個人的な希望を込めて言えば、現役最強馬アーモンドアイとの激突だ。それが、どのレースになるにしろ、かなり際どい勝負になる――そんな予感がしている。
もし馬場が渋れば、アーモンドアイにもひと泡吹かせられるかもしれない。

 日本競馬における、活況を呈する牝馬たちの頂上決戦。そこにまた1頭、新たな「女王候補」が登場した。

23: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:41:12.54
どこの引用か知らんがモズベッロが2200で距離不足とかアホだな
こいつは2200~2500だろ

24: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:42:56.74
>たとえ良馬場だったとしても覆らなかったはずだ。

こういう素人みたいなマヌケなことを言ってるのは誰だよww

25: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:46:30.19
タイムを見ればわかるけどメチャクチャ低レベルなレースだっただけ

26: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:47:08.05
ノーザンの牝馬だけキタサンブラック以上に成長するメカニズムは?

27: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:48:11.40
宝物史上最大着差って何だろう。気になる

28: 名無しマン 2020/06/29(月) 20:49:47.54
バゴからこんな宝物が生まれるとか

引用元: ・新女帝クロノジェネシス!歴史的圧勝の秘密…宝物史上最大着差で圧倒

Twitterでフォローしよう