ちょっとアレな記事


注目記事


1: 2020/01/19(日) 11:20:09.35
101名無しさん@実況で競馬板アウト2019/12/01(日) 21:30:24.70ID:CQ8ix5yR0

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8354215
の論文で、投与量については
Both VT (tidal volume, L), and VE (minute ventilation, L/min) were significantly increased 1 h after administrationof 75 μg ipratropium bromide/ml (Significantly different from value with 25 μg/ml dose (P <0.05).) (Table 3).
と書いてあって、25 μg/mlに比べて75 μg/mlの方が有意に改善したと示されている(大体30-50%も改善してる)
75μg/ml以上は検討されてないので、更に量を増やせばより効果が増強する可能性もある
ちなみに総投与量は、4ml/100kg bodyweightなので、75μg/ml=300μg/100kg=3μg/kgである

一方イプラに競走能力向上の効果がなかったと主張してる論文では
(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11352354)
Ipratropium bromide (0.35 microg/kg bwt; n = 7) was administered by nebulisation
つまり上の論文の僅か1/10程度の量しか投与していない計算!!!!(ちゃんと読んでみてちょっと驚いた)

上の論文のdiscussionでも
In humans with asthma, 0.27-1.07 μg/kg causes bronchodilatation (Gross and Sorokin 1984).
In horses, a slightly higher dose, 2.0-3.0 μg/kg was necessary to produce optimal bronchodilatation.
The higher dose used in the horse may have been necessary.
と書いてある通り、馬では2.0-3.0 μg/kg投与しないと気管支が拡張しない、更に多く必要かも知れない、と書いてある

即ち下の論文の
0.35 microg/kgは、イプラトロピウムに効果が無いと結論付けるにはいくらなんでも余りに投与量が少なすぎる

18: 2020/01/19(日) 12:01:13.54
>>1
実際の効果は
興奮状態になり、跳ぶように走る、本来の能力より1000m2秒ほど速く走れるようになる
だが今さらどうでも良いだろ、元締めのJRAが良いと言っているのだからな

63: 2020/01/19(日) 23:13:20.26
>>18
これ本当ならディープ弱すぎねえか
2秒って競馬ならかなり着差つくだろ

170: 2020/01/20(月) 18:53:29.67
>>63
2秒だと大体16馬身程のアドバンテージかな
59: 2020/01/19(日) 23:05:47.64
>>1
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8354215
喘息の馬には2-3ug/kg以上投与しないと効果がありません。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11352354
(deep基地が拠り所としていた、健常馬にイプラが効かなかったという論文)
健常馬に0.35ug/kgだけ投与しても効果がありませんでした。

そりゃそうだろ、実験の条件がアホすぎるw

102: 2020/01/20(月) 02:13:20.52
>>1 を分かりやすくまとめると
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8354215
喘息の馬には2-3ug/kg以上投与しないと効果がありません。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11352354
(ディープ基地が拠り所としていた、健常馬にイプラが効かなかったという論文)
健常馬に常用量の10%程度の0.35ug/kgだけ投与してもドーピング効果がありませんでした。

そりゃそうだろ、実験の条件がアホすぎるw

112: 2020/01/20(月) 08:01:23.88
>>1
実際の効果は
興奮状態になり、跳ぶように走る、本来の能力より1000m2秒ほど速く走れるようになる
だが今さらどうでも良いだろ、元締めのJRAが良いと言っているのだからな

193: 2020/01/20(月) 19:58:40.46
ポイント
・日本においてイプラトロピウムは禁止薬物、痛み止めは規制薬物に指定されており、悪質度が全く異なる。
・フランスでの事件の為、日本で捜査し刑法で処罰されることなく、真相が解明されないまま関係者が逃げ切ってしまった。
・フランスでは自然界に無い物質全てが禁止とされているが、実際にはドーピング薬に限ってスクリーニングをしている。(自然界に無い物質の数を考えれば当然)
>>1の論文は2001年の報告だが、日本では全く参考にされていない。

(1)http://nichiju.lin.gr.jp/mag/06102/06_5a.htm
競馬の薬物規制制度(アンチ・ドーピング)について
横田貞夫†(日本中央競馬会馬事部獣医課課長)
 フランスの凱旋門賞競走においてディープインパクト号が3着入線後,失格となるという事件が発生した.
理化学検査において,同馬の検体から禁止薬物(イプラトロピウム)が検出されたという報告を,フランスギャロから受けました.
 日本の競馬におけるアンチ・ドーピング
現在はイプラトロピウムを含む64品目86薬物が『禁止薬物』(その馬の競走能力を一時的にたかめ又は減ずる薬品又は薬剤)として日本中央競馬会競馬施行規程の別表2に定められている.
競走馬理化学研究所においてこれらの薬物が陽性となった場合,競馬主催者から「競馬法違反疑いあり」と警察に告発され,所轄の警察が薬物陽性事件として捜査に乗り出す.
捜査の結果,禁止薬物を使用した者は,3年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処せられる.の
 海外の競馬における薬物規制制度
パリ協約では馬の体内からは,自然界にあるもの以外は検出されてはならないと定めている.
実際のところは,自然界にあるもの以外のあらゆる物質について検査している訳ではなく,各国の検査機関が検査対象物質を選択して検査にあたっている.

2: 2020/01/19(日) 11:22:17.79
やっぱ恣意的なあれがあったか

3: 2020/01/19(日) 11:25:21.11
ノーザンに金しこたま渡されたんだろうな

4: 2020/01/19(日) 11:32:57.15
10分の1の量で効くわけないわ

5: 2020/01/19(日) 11:41:22.87
ドーピング失格ディープインパクト

23: 2020/01/19(日) 12:06:56.57
コナン君だって少量の青酸カリで死なないんだから
適切な量でやれよ

26: 2020/01/19(日) 12:08:59.97
しつこいなディープ亡くなっているから、もういいだろ

37: 2020/01/19(日) 13:41:15.49
つーても、フランスで走った凱旋門賞だけの話で、しかもあれ失格になってただろw

日本国内では合法だったし、ディープが使ってたって証拠も無ければ、ディープ以外の馬が使ってたって証拠も無し
逆にディープが使ってなかったって証拠も無ければ、ディープ以外の馬が使ってなかったって証拠もないから無意味だろ

要は禁止になるまでの過去の全ての馬が使うのは自由で、全ての馬が使ってたか使ってなかったも不明の時点でな

40: 2020/01/19(日) 13:53:55.90
>>37
国内でも合法ではない、言わば脱法
検査が杜撰だっただけで日本のルールは包括ルールだからドーピング目的ならリストに無くてもアウト
と言うか何でディープ基地ってルール見れば誰にでもバレるような嘘を付くんだ?

42: 2020/01/19(日) 15:44:38.56
>>40
脱法wwww
勿論、全馬について言えることだが「治療目的」に決まってんだろwwww

例えそれがレース出走時にて体内に残留していようとなw

46: 2020/01/19(日) 17:16:01.06
>>42
少なくとも合法ではない
やり直し

50: 2020/01/19(日) 19:29:49.57
>>46
やり直し言われてもね~w

治療目的での使用は公認されてるからね~
それでレース出走時に体内に残っちゃってただけなら無問題wwww

38: 2020/01/19(日) 13:43:04.99
イプラにドーピング効果があったらヤバいな

よし投与量を通常の10%にしてみよう

ほらドーピング効果なんてなかっただろw

39: 2020/01/19(日) 13:53:40.84
コスモバルクもシンガポール行った時伝貧だかで1次検査陽性になったよな

2次検査でも陽性になったら治療法がないから殺処分しなきゃいけないっていう
あの時は結局セーフだったけど

外国に比べて日本の検査ってゆるいのかな

44: 2020/01/19(日) 16:12:40.76
ドーピングを容認するクズ
スポーツ後進国らしい倫理観

52: 2020/01/19(日) 21:54:45.53
治療目的??

(レース前)
自分の管理馬とはいえ、ほれぼれするような動きだ。ここまでは何事もなく最高の状態で出走できる。
いい競馬になることを祈りたい。ディープの力を発揮させて、びっくりさせたい。 
140%の出来に達している。

(バレた直後)
禁止薬物が検出されたことについて大変驚いており、信じられない気持ちで一杯です。
原因が究明されてない段階ですので、申し訳ございませんが、コメントは一切差し控えさせていただきます。

(何日か掛けて一生懸命考えた言い訳)
ディープインパクトは9月13日からせき込むようになり、
21~25日にフランス人獣医師の処方によりイプラトロピウムによる吸入治療を行った。
その間2度、吸入中にディープインパクトが暴れ、外れたマスクから薬剤が飛散し馬房内の敷料(寝ワラなど)、干し草に付着。
それをレース前日から当日の間に同馬が摂取し、レース後まで残留した。

56: 2020/01/19(日) 22:44:57.97
まぁ産駒見ればオルへよりははるかに基礎能力は高かったのは分かるよなwwwww

60: 2020/01/19(日) 23:07:09.45
ディープはどれくらい投与されてたんだ?

86: 2020/01/19(日) 23:51:54.93
そもそも心肺機能とは血中二酸化炭素と酸素の交換
肺の最大容量(肺活量)を増やすわけでもなく、ホースが太くなれば心肺機能が高まるなんて信じちゃうのが基地外過ぎる笑

87: 2020/01/19(日) 23:53:35.10
>>86
お前も馬鹿だな
血中のCO2は分時換気量で決まる
最大肺活量なんて関係ない

90: 2020/01/19(日) 23:57:25.26
イプラはほぼ能力の向上なんかないんだろうなとは思うが池江はあると思って使ってたんじゃないかと思う

91: 2020/01/19(日) 23:58:48.35
まあしかしこのスレはイプラに効果があるという趣旨ではなく
イプラトロピウムにドーピング効果が無い、とした論文(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11352354) の間抜けさを指摘しただけ

94: 2020/01/20(月) 00:01:32.78
>>91
実際ほぼないんだろ
アメリカでも痛み止めとかと一緒の禁止レベルなんだろ
97: 2020/01/20(月) 00:40:57.72
イプラは気道を広げる効果があるんだろ。
それはディープインパクトの場合は59.5kの凱旋門賞の斤量に対応するためではなかったか。
たぶんサラブレッドの一般に斤量が増えると、気道が狭くなる傾向があるはずだ。

98: 2020/01/20(月) 00:49:27.23
日本では禁止薬物じゃないから常用してたんでしょ。禁止薬物になっていて検査の厳しいフランスだけで使ったとしたらアホとしか言いようがない。

104: 2020/01/20(月) 02:28:04.61
効果が無いという結果ありきの論文だからな

105: 2020/01/20(月) 04:49:21.62
なんですぐバレる論文出すんですかね

106: 2020/01/20(月) 07:11:04.40
ドーピングをしたという事実もそうだな。
これでは失格もらいに遠征しただけという事になる。人と違って大丈夫な薬を使ってという抜け道がないのだから

109: 2020/01/20(月) 07:33:49.37
フランスギャロの結論も不正目的のドーピングではなく、治療薬残留と言うただの管理ミス
JRAもオフィシャルにこれを踏襲
これが結論

未だに文句のある奴はギャロとJRAに言えよw.

134: 2020/01/20(月) 09:17:13.37
>>109
コレだよな

普通の日本人の感覚なら治療薬残留ミスなんか許される
こんなことを未だに叩こうとするのは基地外そのもの
アンチは間違いなく日本最強馬を貶めたいチョンだろう

113: 2020/01/20(月) 08:02:09.34
ぶっちゃけドーピング効果の有無なんてどうでもいい
現地のレギュレーションで禁止されてる薬物が検出されて失格になった
その事実だけで充分に恥だし後に日本国内で禁止されたというのも追い討ちをかけてる

114: 2020/01/20(月) 08:06:16.94
ディープインパクトが引退するまで日本では禁止にしないと言った時点でディープインパクトには全レースで使用していたと言う事だろ?
使用禁止したとたんに最下位ばかりになったらもろバレだしな
武豊もディープインパクトは他の馬と違い跳ぶように走るんですっていつも言っている

115: 2020/01/20(月) 08:09:58.85
ディープインパクトが牧場で走っているのをみると跳ぶように走っていない
否定してるデ基地もこの事実には気がついているのだろ?

118: 2020/01/20(月) 08:15:30.21
>>115
気がついても現実逃避するに決まっている

116: 2020/01/20(月) 08:11:10.66
薬で強かっただけの馬なら社台が史上最高額のシンジケートなんて組むかよw
普通に考えれば分かるだろw
117: 2020/01/20(月) 08:14:54.90
>>116
産駒への能力遺伝は母9割、父1割と言われている、マイナス効果がない父なら問題ないわけ
どのみち競走馬なんて兄弟と親戚しかいないんだから従兄弟と兄弟は大して変わらんよ

121: 2020/01/20(月) 08:16:56.31
>>117
涙拭けよwwwww

120: 2020/01/20(月) 08:16:04.35
デビューしてから体重が減り続けていたり
池江の息子が薬物が浸透するアメリカ競馬の留学から帰って来てたりと
競馬詳しい人達から元々疑わしかった馬だったんだ
ここのベースは理解していて欲しい
その上で凱旋門賞の一件
「やっぱり」が最初の感じた印象

122: 2020/01/20(月) 08:22:46.50
>>120
そんなに効く薬ならなんで池江はディープにしか使わなかったの?
他の管理馬にも使えばいいじゃん?

123: 2020/01/20(月) 08:32:13.73
理事長がディープ大好きだと言ってた
ちなみにあの理事長は飯塚委員長より上の上級国民である
池江が使いたくて使っているわけではないのだろうな?理事長のためにディープを勝たせなくてはならないから仕方なく使った
父サンデーサイレンスなのにセールで主持ち帰りになるほどのクズ馬、種付け料と餌代分の料金で買ってもらえたレベルの馬を勝たせるには薬を使う以外みちはなかったのかもしれん
理事長がディープ大好きになるとか思えないからな、しかも好きな理由が名前がカッコいいってw

133: 2020/01/20(月) 09:07:20.84
イプラより問題はデビュー直前に心肺能力が自然界ではあり得ない程改善した方なんだよなぁ
で、その次がクレンブテロール、イプラは他のヤベェのを隠すための隠蓑でしかない

Twitterでフォローしよう